いろいろある大判の圧着はがきの使い道

ダイレクトメールなど日々いろんな郵便物を受け取りますが、最近は圧着タイプのハガキでのお知らせも良く見かけるようになりました。受け取った人に中を開いてみてもらうようになっているので、興味も持ってもらえますので使われる機会も増えてきています。大判タイプでもいろいろと工夫を凝らして製作できるようになっていますから、用途を考えて使えばさらに宣伝効果などもアップします。元々このタイプのはがきを使うと情報量も2倍以上に増えるので、様々な情報を載せることが出来ます。通り一遍等の挨拶のような文面だけでなく、キャンペーンやクーポンなども記載してあるタイプもあるので、販促効果をより高めるのにも使えます。アンケートなども記載したり出来るので、反応を見たりするなど多様な使い方ができます。

大きいからこそ情報量が増えて活用度が増します

一般的なサイズの圧着ハガキでもある程度の情報量を記載可能ですが、それ以上に大判を使うことでさらに多くの情報の掲載が出来ます。受験票や様々な支払い票などとしても使うことが出来ますし、請求書や領収書などを載せたりすることも出来ます。一部カラー文字にしたり写真やイラストなどを入れることで、どんなことを伝えたいのかも視覚的に分かりやすくできますので、送る側も受け取った側も内容を理解しやすいです。これまでのように封筒に書面を入れたりするのも大変でしたが、このタイプを使うことで作業も軽減されますし、受け取った人も自分であけなくてはいけないと思ってくれますので、より開封してくれる率も高まります。たくさんの情報をきちんと伝えたいと思うときにどんどん活用しましょう。

他にも工夫次第でいろいろ使えます

配達する時や配布する時にかさばらないというのもこの圧着タイプのいいところです。大判だと情報量が増えるので何を書いておけばいいのか迷うと思いますが、定番のお知らせ、宣伝類だけでなく会員カードをつけたり、カッティング等ができる業者であればそれを利用することでちょっとした販促品やノベルティのように使うことも出来るので、受け取った側にも喜んでもらえます。たくさん情報が載せられることを利用して、セールのお知らせやそれに伴うチケットをつけておくというのも良いでしょう。飲食店などのお店からクーポンが届いても、来店してみようかなとそんな気持ちにさせてくれるのでおすすめです。他のお店やサービスと少しでも差をつけたいという時に、圧着ハガキもサイズいろいろなものを活用していくと良いでしょう。

2017年2月7日