大判の圧着はがきのインパクトとは

圧着はがきは、三つ折りか最低でも二つ折りのはがきで、開くと大判になるタイプを指します。一見すると普通のはがきサイズですが、受け取った人が開けた後は、はがき以上の情報を伝えることが出来ます。未開封時のサイズは、通常のはがきと変わりないので、開封前の情報量ははがき程度に抑えられています。しかしこのはがきは、開いた瞬間に情報が目に入るインパクトがありますから、読まれるはがきを作りたい場合に役立ちます。圧着はがきの魅力は、一般的なはがきサイズだけではなく、大判も選べる点に現れます。ポストに投函出来るサイズであれば、引き受けてもらうことが可能ですし、送り先のポストにも入るので、通常サイズと変わらない利便性が得られます。むしろ、長方形やA4といった、掲載情報量が多いサイズも選べますから、そのインパクトは受け取る人に加えて、送る人も感じ取ることが出来ます。

大判圧着はがきは見掛けのサイズよりも情報量が大きいことが魅力

サイズが決まっているはがき、あるいは紙の規格サイズは、掲載出来る情報に限界があります。文字を小さくすることで、強引に情報量を増やす方法もありますが、読みやすさとはトレードオフですから、必ずしも最適な選択とならないのが問題です。紙の枚数を増やす、これも悩みを解決する一つの方法ですが、はがきを送る目的の問題解決として、あまりスマートではないことが欠点です。サイズが増して枚数も増えれば、はがきでは送れなくなったり、代わりに封筒で郵送する必要性が高まります。ただ、これでは本末転倒ですから、はがきサイズでも情報量が増えて、はがきと同様に送れる方法が不可欠です。折りたたむと丁度はがきサイズになる、これは問題をスマートに解決するベストアイディアで、この発想が発展して、今の選択肢に結び付いています。封筒サイズまで許容出来れば、A3も選択肢の範疇に入りますから、従来のはがきでは得られなかった、膨大な情報を送る方法が実現します。

費用対効果が優れる大判の圧着はがき

コストの内訳として、印刷自体は紙の形状が変わってもあまり変化しないので、印刷面接に応じたコストが発生します。紙のコストそのものも、印刷と同様に面積分が発生しますから、これらの部分に期待するのは困難です。所が、バラバラに印刷した紙を纏めたり、一通ずつ封筒に入れる手間が省けるので、この点のコストは削減することが出来ます。何といっても、折り畳んで圧力を掛けるだけで、発送準備が整いますから、結果的に低コストが実現すると考えられます。重要な情報は内側に隠れているものの、開いた時にインパクトが与えられるので、見せ方に魅力があるのも特徴です。また、第三者に知られたくない情報が隠せたり、雨や水から情報を守る副次的な保護効果も得られますから、通常のはがきよりも大幅に利点が増加します。特定の相手や、不特定多数に対する情報発信に適しているので、使い方次第で価値が高まる、役立つ場面が数多くあります。

Pマークも安心!創業37年福岡のアド印刷が提供するダイレクトメール印刷・印字・発送代行サービス。 DMの印刷・宛名印字・郵便料金お得!まるごとお任せできて、安い!早い!ラク!DMパックにお任せください! ダイレクトメールの申請、印刷、宛名印字、郵便番号区分、発送までのワンストップサービスをご提供します。 DMパックならDMが初めての担当者様でもOKです。 大判サイズの圧着ハガキは【DMパック】がオススメ

2017年2月7日